中長期の旅行にバックパックがオススメな7つの理由

backpack-journey
旅行に行くときにスーツケースにするか、バックパックにするかと迷ったことがある人は多いのではないでしょうか。僕はバックパックを強くオススメしたいのですが、その理由をまとめて見たいと思います。

ちなみにここではビジネスで海外に行くのを旅行とは考えていませんし、フォーマルな衣類などを持ち歩く必要がある場合や留学やなどで1箇所に長期滞在するよう場合もスーツケースのほうがいいと思います。

両手が自由に使える

hands
バックパックを背負うことで両手が自由になります。旅先では地図を見たり、メモ帳などを確認したりすることもあるでしょうし、素晴らしい場面に出会ったら、ポケットから、そっとコンパクトカメラを取り出してスナップショットを撮るなんてあるでしょう。
両手が空いていると安全ですし、何よりも自由度が高まります。

悪路を気にすることなく移動できる

悪路
発展途上国を旅する時は道路が十分に整備されていなかったり、路面がガタガタだったりしていたりしてスーツケースでの移動が困難であることは少なくないです。悪路のせいでスーツケースのウィールが壊れてしまったりすることもありますし、段差がある度に持ち上げなくてはなりません。
バックパックであれば、基本的に背負ったままなので悪路や段差を気にすることなく移動することができます。

コインロッカーなどに収納しやすい

旅先の街などで、バスの時間まで少し時間があるので、ちょっと観光をしたい。
日本の場合、それなりに大きな街などであれば、駅や空港などにコインロッカーなどがあるかと思いますが、スーツケースの場合、よほど小型のものでない限り、荷物を預けられないことがあります。バックパックの場合は、中身を取り出して小さくすることもできますし、小型のデイパックを中に入れておくことで必要なものだけを持ち歩くという選択もできます。

荷物を預ける機会が減る

コインロッカーなどには収納しやすいという利点がありながら、、バックパックはスーツケースと比較して、体の前に抱えることができたり、身近においておくことができます。自分の近くに常に荷物を置いておくことで、荷物の紛失や盗難のリスクを減らせます。また、飛行機でも機内持ち込みが可能なサイズであれば、預け入れた荷物を受け取る時間のロスなどなくスピーディに行動することが可能です。

バックパックの容量は決して少なくない

バックパックはスーツケースと比較して、荷物を入れる容量が少ないと思われる方も少なくないと思いますが、実際のところはそこまで大きな差はありません。詰め方にはコツが必要ですが、慣れれば大きく不便を感じることもありません。

バックパックの荷物の詰め方

バックパックは荷物の出し入れが容易

バックパックはスーツケースと比較するとスピーディーに荷物を取り出すことができます。スーツケースで移動中に、急に雨に降られた時を想像してください。スーツケースの中からレインウェアを取り出すには場所も選ぶし、スーツケースを外で開くのは抵抗があるのではないでしょうか?
バックパックの場合、レインウェアなどは取り出しやすい場所に収納しておけるので、ちょっとしたスペースさえ確保できれば、早ければ30秒で荷物を取り出し羽織ることができるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
バックパックを選択するメリットについて、わかっていただけたのではないでしょうか。
初めてバックパックを購入するのであれば、下記の記事も参考にしてみてください。
初めてのバックパックの選び方とおすすめ

バックパッカーの持ち物についても書きましたので参考にしてください。
バックパッカーの持ち物(生活編)