寝袋(シュラフ)のおすすめと選び方

旅行やキャンプなど、ひとつあると何かと便利な寝袋(シュラフ)ですが、どのような基準で製品を選べば良いのでしょうか。今回は寝袋の選び方のポイントについて説明していきます。

寝袋の形状:マミー型か封筒型か

sleepingbag

寝袋の形状はマミー型のものはミイラのように入り込むか、布団の形に近い封筒型かのものかのどちらかになります。
バックパックに詰めて移動するならマミー型になると思います。オートキャンプでの使用が前提などの明確な理由がないのであればマミー型にしておくのがよいでしょう。

マミー型シュラフの特徴

登山などで利用するシュラフには小さくまとめられるのが好まれるため、登山系アウトドアブランドが販売しているのはマミー型のものが多いです。マミー型のほうが軽量コンパクトで保温性が高いなど機能性の高いものが多いのですが、そのぶん価格も高めとなっています。
マミー型は暖かいのですが、圧迫感があるため、慣れないと居心地の悪さを感じる人もいるようです。

封筒型シュラフの特徴

オートキャンプ向けのアウトドア用品を出しているようなブランドの寝袋は封筒型ものが多いです。封筒型はふとんの形に近く圧迫感はないですが、持ち運ぶことを考えると大きく重くなりがちです。また圧迫感がないことは同時に、保温性が低く、寒冷地には向かないということでもあります。価格帯が安いものが多いです。
春や夏のオートキャンプや車中泊で使用するのであれば、封筒型の寝袋を購入するのもありかもしれませんね。

寝袋の素材:羽毛が化学繊維か

寝袋の中身には大きくわけて羽毛(ダウン)か化学繊維(化繊)にわけられます。
それぞれの特徴をみていきましょう。

羽毛(ダウン)

ダウンは科学繊維と比較して高価ですが、収納時のサイズが小さくなり、重量も軽くなります。
羽毛にはダウンとフェザーがあり、その割合には気をつけましょう。
ダウンは互いに絡み合わない性質があるため多くの空気を含みますが、空気は熱伝導率が非常に低く、断熱保温材の役目を果たすため保温性が高いため、暖かいのです。空気の膜をまとうような感じになるのですね。

フィルパワーとは

ダウンの品質はフィルパワーという数値が目安となります。
1オンスのダウンを容器の中で圧縮して、一定の条件下での復元具合を測定した数値です。数値の値が大きいほど高品質でフィルパワー600〜800くらいが主流です。

化学繊維

科学繊維は濡れに強く、そのまま洗濯ができます。
価格も安いのですが、羽毛と比べるとサイズが嵩張り、重量も重くなります。

想定環境:最低使用温度

寝袋は想定される使用環境に応じて、対応する気温が表記されています。
一般的に寒い環境で使われると想定されているもののほうが収納時のサイズも大きくなります。

夏用シュラフ

最低使用温度:5度〜10度
夏の低地でのキャンプなどに使用します。

3シーズン用シュラフ

最低使用温度:-5度〜5度
少し高度のある場所でのキャンプなどで使用します。

冬用シュラフ

最低使用温度:-5度以下
冬の高地などで使用します。

寝袋と一緒に用意したいもの

スリーピングマット

テントや屋外で寝袋を使用する場合、どうしても地面からの冷たい熱で冷えてしまったり、ゴツゴツしたりしていて寝心地がよくありません。どの時に必要になるのがスリーピングマットです。

インナーシーツ

必須ではありませんが、寝袋を数人で使い回すような時や、寝袋の肌触りが嫌だという時にはインナーシーツを使用することもあります。

エアピロー

空気を入れて膨らませるタイプのまくらで、あるとないとでは寝心地がだいぶ異なります。重いものではないですし、かさばらないので持っていくといいですよ。

寝袋のおすすめ

初めて寝袋を購入するのであれば、基本的には3シーズン対応モデル(最低使用温度が5度程度)であるマミー型のもをおすすめします。寝袋で有名なブランドはモンベル、ISUKA、ナンガ、ドイターあたりでしょうか。

モンベル ダウンハガー800 #5

日本が誇るアウトドアブランドであるモンベルの製品は値段も手頃でつくりもしっかりしていてとても安心できます。ダウンハガーは伸縮できる作りなので、寝袋に入ったままでも自由度が高くあぐらをかくことなどもできます。

ISUKA エア 300SL

ISUKAは高い品質を誇るアウトドア用寝具で定評のある老舗ブランドです。

まとめ

いかがだったっでしょうか。
寝袋(シュラフ)は一度それなりに良いものを買ってしまえば、そんなに買い換えるものではありません。永く使うつもりで少し良いものを買っておくと後悔しなくて済むと思いますよ。