PRIMUS P-153 ウルトラバーナー

PRIMUS-P-153Brand : PRIMUS
Product : P-153
Weight : 110g(本体99g+点火装置11g)
Price : ¥8,500(税込¥8,925)

圧電点火装置付
出力:4.2kW/3,600kcal/h(T型ガス使用時)
ガス消費量:245g/h
燃焼時間:約55分(IP-250タイプガス使用時)
ゴトク径:大148mm/小90mm
収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm
□ ナイロンスタッフバッグ付属
□ ガスカートリッジ別売
携帯性が良くコンパクトで軽量なボディでありながら、3600kcal/hと圧倒的なパワーを持っています。安定性の高い四本ゴトク、垂直に配置した点火装置により全体的にスマートなデザインです。ハイパワー、コンパクト、軽量と三拍子揃ったウルトラバーナーは、ハイキングから高所登山まで幅広く活躍します。

今回はPURIMUSの定番ガスバーナーP-153を徹底解剖します。
といっても機能も構造もシンプルなので、それほど説明することは多くありません。
まずは収納時の状態から(※多少使用感がありますが我慢くださいませ。)

PRIMUS P-153

ガスはPRIMUSのガスを使用します。型番の最後にTがつく物は高地や寒冷地での使用に適したガスです。
低地や暖かい場所での使用は少し割安な通常のもので構いません。
別メーカーのものでもサイズは合うみたいですが、当然どこのメーカーも推奨していません。
事故が起こった時に別メーカーのものを使用したりしてたら自己過失になりそうなので、僕はPRIMUSのガスを使っています。
ガスカートリッジのキャップを外し、P-153をガス缶のネジ穴にあわせ、止まるまで回します。
PRIMUS P-153

折り畳んであったゴトク部分を回しながら広げていきます。
それぞれストッパーのある位置まで動き、丁度十字のカタチになります。
PRIMUS P-153

ゴトクの爪の先が折り畳んであるので中央から外側に起こすようにして広げていきます。
PRIMUS P-153

上から見たところです。
ガスバーナーの中にはゴトクが3本のものもあるようですが、4本のほうが当然、安定感が増します。
PRIMUS P-153

黒い部分がガスのバルブです。
これを時計回りに回すことでガスが噴き出します。
火力調整もこれを回して行います。
PRIMUS P-153

PRIMUSのロゴの下にある突起部分が点火スイッチとなります。
ガスを噴き出した状態でここをカチっと押してやると「ボワッ」と火がつきます。
PRIMUS P-153

専用のケースがついています。
調理が終わった後のバーナーは熱くなっているので、少し時間をおいてから収納してください。
PRIMUS P-153

まとめ

サイズが小さく持ち運びが便利で、その割に火力も強いのが魅力のガスバーナーです。これがあれば富士山山頂でも暖かい飲み物を飲みながらご来光を待ったりもできますよ。満足度の高い製品です。
今のところラーメンやお湯沸かしがメインですが、今後はすこしずつ工夫して山料理のレシピも増やせていけたらと思います。

楽天でPRIMUS P-153を探す!