Gregory Savant 58

Gregory Savant58 RedBrand : Gregory (グレゴリー)
Product : Savant 58 (サヴァント)
Weight : 1.58kg
Volume : 58L (Medium)
Color : Cider Cone Red
Price : ¥23,940

シリーズ中で最大容量のモデルです。長期の旅や多めに装備を収納したい時におすすめです。Y字に広がる頑丈なフレームデザインにより、必要な荷物のすべてを快適に背負うことができます。



まずは正面のロゴから(※サヴァントは58,48,38の3サイズがあります。)
この製品はロゴマークが刺繍ではなくプリントです。
Gregory Savant 58のロゴマーク

同じくフロントポケット前の製品ロゴもプリント。
savant58のフロントポケットの製品ロゴ

フロントポケットの下部にレインカバーのポケットがあります。
savant58のレインカバーポケット

マジックテープを外すと中にレインカバーが収納されています。
Gregory Savant58のレインカバー

レインカバーポケットの下にある二つのジッパーを開けるとメインコンポーネントにアクセスできます。
これにより荷物を平置きしたまま、中の荷物を取り出す事ができます。
Gregory Savant58のフロントを開口しメインコンポーネントへアクセス

それでは背負い心地にとって重要な背面にうつります。
Gregory Savant58 背面

腰の部分には『Intuition 3D』というロゴが入っています。
Gregory Savant58 パッド部分

『Intuition 3D』の機能のについては下記の説明をどうぞ。
Gregory Intuition 3D

左右のウエストベルトにはジッパー付きのポケットがあります。
携帯電話や携行食、コンデジなどをいれるのに役立ちそうです。
スニッカーズなら3本くらいは楽に入りそうです。
Gregory Savant58 のウエストポケット

サイドにはメッシュポケットがありますが、右側のみサイドにジッパーがついています。
Gregory Savant58 シークレットポケット

ジッパーを下げるとシークレットポケットがあります。
意外と奥行きがありますので、厚みがないものであれば財布やパスポートなども入りそうです。
Gregory Savant58 シークレットポケット

雨蓋の外側のポケットは容量が多きめです。
カメラを入れたりもできそうです。
Gregory Savant58 雨蓋

中にはキーホルダーがあります。
何かを出し入れするときに落としたくない物を留めておくと良さそうです。
Gregory Savant58 雨蓋キーホルダー

雨蓋の右側背面寄りには製品名のロゴがあります。
Savantの雨蓋は防水性を高めるため、ジッパー部分を折り込んでからベルトを閉めます。
Gregory Savant58 雨蓋

しっかり閉めた状態です。
Gregory Savant58 雨蓋

雨蓋の内側にもジッパー付きの収納があります。
こちらはあまり嵩張るものは入れられません。
Gregory Savant58 雨蓋内側

メインコンポーネントは巾着式なのですが、グローブなどを装着したままでも開け閉めしやすいように計算されていて、開ける時は輪っかに指を入れて引っ張るだけで簡単に開けます。
これはこれは一回慣れてしまうと他のバックの開閉が面倒に感じそうな気がします。
Gregory Savant58 メインコンポーネント

メインコンポーネントと雨蓋の間にもはやお約束のハイドレーションポケットがきちんとついています。
2Lはゆうにいけそうです。
Gregory Savant58 ハイドレーションポケット

側面の写真です。
左右対称で、gregoryのロゴのあるベルトはベルクロになっており、トレッキングポールなどを固定するのに使えます。コンプレッションベルトもあります。あとカラビナなどをぶら下げるループもあります。(なんと言う名称なのでしょうか?)
Gregory Savant58 側面

ボトム部分です。
コンプレッションベルトをわざと外してあります。
それ以外に2つの輪っかがあります。(なんと言う名称なのでしょうか?)
Gregory Savant58 ボトム部分

関連動画


まとめ

大容量のバックパックでありながら本体そのものが軽量であることや荷物があまり入っていない状態でコンプレッションベルトで小さくしてもデザインが格好悪くならないのはポイントだと思いました。 背負い心地はさすがグレゴリーといった感じで長時間背負っても負担が少なさそうです。 ポケットが多いのも魅力なのと、フロントアクセスに関しては、テント泊など狭いスペースでの荷物の出し入れに真価を発揮しそうです。総合的に平均点の高い良く出来たザックといった印象でした。