【映画】アイガー北壁

アイガー北壁Title : アイガー北壁 NORDWAND
DIrector : フィリップ・シュテルツェル
Year : 2008
Country : ドイツ/オーストリア/スイス

1930年代、ヨーロッパ最後の難所と呼ばれ、何人もの一流アルピニストの挑戦を阻んできたアイガー北壁。本作は、アルプス登攀史上最大の事件と呼ばれた衝撃の実話を基に、国家の期待を背負い、前人未踏の絶壁に挑んだ若き登山家たちの壮絶な運命を迫真の臨場感で描き出した山岳アドベンチャー・ドラマ。
ベルリン・オリンピックを目前に控えた1936年夏。ナチス政府は国家の優位性を世界に示すべく、ドイツ人によるアイガー北壁初登頂を大きな目標に掲げ、成功者にはオリンピックの金メダルを授与すると約束、アイガーの頂を目指し多くの登山家が集結していた。やがて天候の回復とともに、トニー・クルツとアンディ・ヒンターシュトイサーの2人のドイツ人が真っ先に北壁へのアタックを開始、さらに彼らを追うようにオーストリアの2人組も動き出す。いっぽう麓の高級ホテルには、ワインを片手に彼らの挑戦を見守る報道関係者や観光客の姿が。そんな中、トニーとアンディの幼なじみで見習記者のルイーゼは、彼らの無事を祈りながらも、初めての取材に気持ちを高ぶらせていくが…。

国家の威信のために難度の高い山へ登頂させるという時代背景もそうですが、その時代を表す登山方法や装備品を見ると驚きます。
いかに、この数十年間で技術が飛躍的に進歩し、登山用品の機能が高まり、装備は軽くなり、小さくなったか。
命がけで望む壮絶な登山劇と迫力の映像、山好きであれば、雪山に登らなくてもぜひとも見て欲しい作品です。

ちなみにですが、ハーケンもアイゼンもカラビナもザイルもドイツ語なんですね。