登山用テントのおすすめと選び方

テントの選び方

登山用のテントを探す場合、もっとも多いのが1人用〜2人用になるかと思います。
登山においてはいかに荷物を減らし、軽くするかが重要になってきます。
ですので、当然テント自体の重さ、そして小さく収納できることが重要な判断基準となります。

1人で使用する場合でも、体を大きな人や、荷物を置くスペースを確保したい人が2人用を選ぶこともあります。
快適さと、重量や収納サイズとのバランスで決めましょう。

テントを選択する時の基準

数多く発売されているテントの中からどのテントを選べば良いのでしょうか。
テントを選ぶ時に気にしたいポイントをまとめてみました。

シングルウォールかダブルウォールか

テントにはシングルウォールとダブルウォールがあります。
シングルウォールは生地が一枚であり、ダブルウォールと比較すると、設営が簡単であったり軽量化しやすい反面、結露が起きやすいなどのデメリットがあります。逆にダブルウォールはインナーとフライに機能を分割させることで、前室という靴を置いたりする空間を確保できたり、保温性や通気性などの工夫がしやすくなっています。その反面、シングルウォールのものと比較すると設営が少し面倒であったり、重量が重くなりがちです。ただし、最近はダブルウォールのものでも軽量なものも増えてきています。

シングルウォールとダブルウォール

シングルウォール

  • 設営が簡単なものが多い
  • 軽量化しやすい
  • 結露しやすい

ダブルウォール

  • シングルウォールと比較すると設営に少し手間がかかる
  • シングルウォールと比較すると重くなりがちである
  • 保温性や通気性の工夫がされていることが多い
  • 前室が確保されていることがある

自立式テントか非自立式テントか

ポールを差して組み立てた状態でテントの状態になるのが自立式テント、逆にポールなどを通しただけでは自立せず、細引きなどで固定しなければ自立しないテントのことを非自立式といいます。

何シーズン対応モデルか

もしテントを購入するのが初めてであれば、幅広い環境において使い勝手が良い3シーズン対応したモデルを買うのがオススメです。

総重量は2kg以下にしたい

テントには本体の重量の他にもペグやグラウンドシートなどがあります。大人数のオートキャンプなどで利用するテントの場合、サイズや重さなどよりも快適性を重視するでしょうが、登山などで利用する場合はそれらを常に持ち歩く必要があるため、できるだけ軽量コンパクトであることが求められます。
目安にしたいのは総重量2kg以下。

ソロから2人用までのおすすめテント

アライテント エアライズ2

ダブルウォールの自立式テントとしては定番中の定番。
居住スペースと使い勝手を考えて二人用のものをオススメしたい。

スペック比較表

下記に定番アイテムのスペックを比較したものを並べました。
近年テントの軽量化が進み、平均的な重量が1kg〜1.5kg程度のものが大半です。

メーカー 製品名 重量 収納サイズ
アライテント エアライズ1 1360g 本体29×14φcm
フレーム38cm
アライテント エアライズ2 1550g 本体30×15φcm
フレーム38cm
ニーモ・イクイップメント タニLS 1P 1090g
ニーモ・イクイップメント タニLS 2P 1230g
MSR ハバNX 1P 1290g :46×15cm
MSR ハバハバNX 2P 1720g :46×15cm
mont-bell ステラリッジテント 2型 [1~2人用]
mont-bell